Constance Sofa

Constance Sofa

Designer Flemming Lassen

Constance Sofa

Constance Sofa

Designer Flemming Lassen

フレミング ラーセンの妻、アイリーン コンスタンスの死後に名付けられたコンスタンス ソファは、魅力的な家具シリーズの 2 つのデザインのうちの 1 つです。豪華で形の良いこの作品は木製の脚の上に置かれており、深いシートクッション、湾曲した背もたれと肘掛け、ボタンのディテールを備えた誇張されたフォルムが特徴です。重厚な形状にもかかわらず一見軽量なこの受賞歴のある作品は、1935 年にコペンハーゲン家具職人ギルドの年次展示会のために初めてデザインされました。木製の脚が取り付けられており、さまざまな室内装飾オプションからお選びいただけます。

材料

Selected: ナチュラルオーク

Selected: Zero 0001

contact us

SKU 1501503-012M05ZZ

材質

合板、ゴムベルト、スプリングポケット、フォーム、
詰め物

サイズ

高さ: 77,5 cm
SH: 43.6cm
幅: 188cm
D: 74.7cm

その他情報・ダウンロード

詳細を表示する

デザイナーについて

Flemming Lassen

Credited for his role in bringing functionalism to Denmark, Flemming Lassen was an architect and designed noted for his exacting craftsmanship and naïve expression. Lassen drew much of his inspiration from the architect Mies van der Rohe and the tenets of the Bauhaus artistic movement —a less is more approach focused on form, function and novel materials counterbalanced with human needs. His original and distinctive designs with timeless silhouettes still resonate today.