The Tired Man Lounge Chair, Sheepskin

The Tired Man Lounge Chair, Sheepskin

Designer Flemming Lassen

商品情報にスキップ
1 12

The Tired Man Lounge Chair, Sheepskin

The Tired Man Lounge Chair, Sheepskin

Designer Flemming Lassen

The Tired Manは1935年のコペンハーゲン・キャビネットメーカーズ・ギルド展で発表され、以来デンマークデザインのアイコンとなった。クラフトマンシップと快適さの典型であるこの特徴的なカーブを描くアームチェアは、Flemming Lassenによって「母親の腕の中にいるホッキョクグマの子供のように暖かく、くつろげる」ようにデザインされた。2015年にリニューアルされたこの受賞歴のあるデザインは、オリジナルを彷彿とさせるシープスキンを含む豪華な張り地で提供され、ナチュラルまたはダークオイル仕上げのオーク材の心材を使用した脚と、移動が容易な前面の真鍮製キャスターが付いています。対応するフットスツールは、さらなる快適さをお約束します。

材料

Selected: ナチュラルオーク

Selected: シープスキンムーンライト

contact us

SKU 1500007-010E02ZZ

材質

オーク材、合板、ウェビング/ベルト、フォーム、詰め物、
スチール、無垢真鍮製ホイール - ポケットスプリング。

サイズ

高さ:88cm
SH:38cm
幅: 102cm
奥行き:87cm
詳細を表示する

デザイナーについて

Flemming Lassen

Credited for his role in bringing functionalism to Denmark, Flemming Lassen was an architect and designed noted for his exacting craftsmanship and naïve expression. Lassen drew much of his inspiration from the architect Mies van der Rohe and the tenets of the Bauhaus artistic movement —a less is more approach focused on form, function and novel materials counterbalanced with human needs. His original and distinctive designs with timeless silhouettes still resonate today.